水彩色鉛筆着色メイキング【一日目】*色白日本女性(女の子)の肌・唇・花弁・葉のイラストの塗り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

前回でペン入れが終わったので、今回から色塗りに入りたいと思います。
あまり絵を描く時間が取れなくて進みが亀の歩みですが、よかったらおつきあいください。

スポンサードリンク

現在描いているイラスト制作のバックナンバー

・一話目:子供の夜泣きで落書き中断
・二話目:入園準備の息抜きにイラスト描き。水彩色鉛筆を使うかペン画のままでいくか迷ってます。
・三話目:家事と育児に追われながらも絵を描く時間はとっていきたい
・四話目:ペン入れ完成。白黒イラストでなくカラーイラストに決めました。

使用した水彩色鉛筆と水彩画におすすめの水彩紙について

使用画材・ファーバーカステルアートグリップ水彩色鉛筆

わたしが使っているのはファーバーカステル アートグリップ水彩色鉛筆の60色です。
ファーバーカステルは発色も良く、油性色鉛筆のようにも使えて扱いやすいので色鉛筆画初心者の方にもおすすめです。

使用した水彩紙とおすすめ水彩紙のスペック

水彩紙は、絵手紙用(葉書サイズ)の水彩紙を使用しました。
細目の242グラムです。

水彩紙には、細目、中目、荒目と種類が3つあります。
荒目は表面がデコボコしていて、水彩画らしいグラデーションやかすれなどの味のある表現ができます。風景画によく使われます。
いっぽう細目の表面はつるんとしていて、ペンや筆の滑りがよく、細かい描き込みをするには向いてます。
中目は、荒目と細目の中間の紙質です。

私は細かい描き込みをしたいので細目の水彩紙を選びました。
用紙の種類は自分の描きたい画風で決めるとよいと思います。

また、水彩紙として推奨されているのは300グラム以上と言われてます(グラム数が大きいほど紙に厚みがあるということです)。
たとえばこれとかですね↓

アルシュ水彩紙 細目(300g/m2)

アルシュ水彩紙(細目)の300グラム。
紙の親水性、発色の良さ、表面の強度では、世界No.1とも言える水彩紙。
ただしお値段がかわいくない。

ちなみに私が購入したのはこちら↓

ヴィフアール水彩紙 細目(242g/m2)

日本を代表する水彩紙ブランドで、凹凸があまりなく、フラットな表面でにじみにくく、ペンなどの線描に適しているそうです。

私が使っているものは300グラムに満たないものなんですが、水彩紙なのに表面がすごく滑らかで、ちまちましたペン画を描く私にとってはこのうえなく描きやすい紙です。(価格も良心的!)
また、水彩画のように水をたっぷり使うわけでないので、用紙がたわむことはないと思います。(色をのばす程度に水分を使うだけ。)

肌を塗る*色白の若い日本女性らしい肌色の塗り方

それではメイキングスタートです。

肌を塗っていきます。
色白の若い日本女性らしい肌色にしたいな、と思っています。

まずは、ライトフレッシュ(色番号132)肌の部分全体をざっと軽く塗り潰します。

2

…なんだか薄くて見にくいですが、ちゃんと全体に色を塗ってます。

塗った部分を水を含ませた綿棒で叩くように色を溶かしてのばしてゆきます。
(あんまり強く擦ると用紙が毛羽立つので注意です。)

3

乾いたら、肌の暗めの部分(影になるところ)をダークカドミウムイエロー(色番号108)で薄く塗っていきます。

4

こちらも湿らせた綿棒でポンポンしてゆきます。

5

スマホ画像だとやっぱり実際より色が薄く見える気がします(汗)。

続いて、目の縁や頬、肩などにミディアムフレッシュ(色番号131)でほんのり赤味(ピンク味?)を加えて血色を良くします。
メイクしてあげるように塗るのがコツです。

1

植物を塗る*花弁と葉の塗り方

続いて植物いきます。

まずは花の部分をウォームグレーIV(色番号273)で塗りました。

続いて葉の部分。
下の四色の緑で、どれを使おうか悩みました。

3

芯の色と紙に塗った色は若干違うので、実際に紙に塗って比べてみるとよいです。
さらには水で濡らして溶かすとまた色のイメージが変わるので、本当は溶かして確認するべきなんですが、面倒なのではしょりました。
パーマネントグリーンオリーブ(色番号167)に決定~。

葉脈とフチを濃く、中を薄く塗ります。

1

湿らせた綿棒でポンポン。

2

細かい部分は赤ちゃん用の綿棒を使っています。
この赤ちゃん綿棒の存在を子供を産むまで知りませんでした…。

綿棒で濡らすと予想以上に明るく鮮やかな色に!(ぎゃあ)
色を決める時はやっぱり実際に濡らさなきゃだめだーとガッツリ後悔。ズボラが祟ってますね・・・。

気を取り直してウォームグレーIV(色番号273)(花弁の色と一緒)で汚し、彩度を下げようとこころみます。

濡らした綿棒に水彩色鉛筆の先を直接こすりつけて色を取り、ポンポン叩くように色を着けました。(綿棒で塗っていくかんじです。)

3

色味が落ち着いたような。
(気持ちの問題?)

水彩色鉛筆で着色*一日目終了

とりあえずこの日はここまでで終了しました。

5

やっぱり水彩色鉛筆は楽しいですね!
ペン画として完成でなく、カラーしてよかったです(^^)

ちなみに水彩色鉛筆の色名称は、額縁画材の通販王国ガレリアレイノさんのリンクになってます。
リンク先の色見本がわかりやすいので、どんな色なのか気になる方は参考にしてください。(ただし、額縁画材の通販王国ガレリアレイノさんによると、色見本はイメージカラーで、デジタルデータのため閲覧環境によって見え方が異なるそうなのでご了承ください。)

ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へにほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへにほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする